30代 紫外線対策 日焼け

30代の日焼け対策方法

日焼け対策−30代

30代になるとそばかすやシミなど肌のトラブルが急増します。

 

それは蓄積しているいわゆる紫外線のダメージが表面化してきたものもありますし、出産や生活が大きく変わるなどホルモンバランスが乱れたり生活スタイルが変わったりしてその影響から起こることもあります。

 

ですので、簡単に30代の方がシミやシワを作らないために日焼け対策を行っていけば完全だということはできないのですが、少しでもシミやしわを減らしていくために日焼け対策でできることを考えていきたいと思います。

 

30代で出来る日焼け対策

日焼け対策−30代

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 日傘をさす
  • 肌を露出しないようにする
  • 肌の改善をしていく

 

日焼け止めクリーム

日焼け対策−30代

まず日焼け止めクリームではないでしょうか。

 

日焼け止めは紫外線対策の中でも最も基本的なもので女性の90%以上は使っているといわれています。

 

男性の場合であれば10%以上の方が行っています。

 

日焼け止めはいうまでもなく肌に紫外線が当たるのを防いでくれる働きがあり肌がヒリヒリする赤くなる黒くなってしまうなどのサンバーンやサンタンを起こさないためにも必要ですし、将来の美容対策にも必要なものです。

 

正しい塗り方に注意が必要で、塗り方を間違っているとせっかく日焼け止めをつけていてもつけていないのと同じような状態になってしまったりします。

 

  • ポイントはたっぷり塗る
  • 何度も塗り直す
  • 汗で取れないように気をつける

 

それ以外は日焼けの強さに応じてSPFが高いものから低いものがで使い分けていくということではないでしょうか。

 

日傘を差す

日焼け対策−30代

二つ目に考えられるのが日傘をさすということです。

 

日傘は顔に当たる紫外線をカットするのはもちろんですが、首元や腕などにもなるべく太陽の光が当たらないようにすることができます。

 

使うときのコツは30cm以上離さないようになるべく頭に密着させるように使うこと高く掲げすぎると日焼けをします。

 

そして傘を選ぶときの注意点としては色が濃いもので紫外線カット効果が長続きするものが良いです。

 

肌を露出しないようにする

日焼け対策−30代

それでもすべては対策できません。

 

日焼け止めクリームというのは落ちてしまうこともありますし、ついついうっかり塗り忘れることもあります。塗ったつもりが薄かったりすることもあります。

 

日傘は年々効力を失っていくといいます。

 

そんな時に使えるのがアームカバーや顔カバーそして長袖長ズボンのような肌を徹底的に隠す素材です。

 

長袖長ズボンを着用しておけば肌が弱くて強い日焼け止めが塗れないかつでも紫外線をカバーすることができます。

 

この対策は男性にもおすすめです。

 

肌を改善する一見不要そうなことですが、肌を改善することも大切です。

 

肌を改善するというのは、具体的には保湿すること、肌のバリア機能をあげることまず保湿というのは皮膚の状態を良く保ち紫外線が当たった時にため息が弱くて済むようにするためのものです。

 

乾燥した肌はとても焼けやすくそして日焼け止めクリームで紫外線吸収剤が使われていないものは必須を奪って乾燥させてしまいますので、日焼け止めクリームを使う方はもっと保湿を大切にしていくべきでしょう。

 

食べ物を改善

日焼け対策−30代

肌を改善するというのに食べ物で補うという方法があります。

 

トマトやビタミンCが多く含まれている食品で日焼けのあとをカバーする、アフターケアにしたり海行く前にしっかりとトマトをたくさん食べるなどということを聞いたことがあると思いますが、食べ物で改善することも実は大切で肌のシミやシワなど老化現象を抑えることができます。飲む日焼け止めランキングはこちら

 

日焼けサプリメント

日焼け対策−30代

シミやしわに有効なものとしては飲むタイプの日焼け止めサプリメントがあります。

 

このサプリメントはビタミンCが入っているものもありますが、多くは専用の紫外線を対策するサポート成分が含まれていて強い抗酸化力があります。

 

抗酸化力があるということは活性酸素に打ち勝てるということ、そうするとシミやシワを効果的にサポートすることができます。

 

ですので、徹底した日焼け防止を行いたい方は、全部を行なったほうがいいと思います。

 

40代になるとシミやシワが急増する30代はシミやシワそばかすなどが少しずつでき、人によってはたくさんできてしまうかと思いますが、40代になると誰でも必ずといっていいほど増えてきます。

 

特にシミやそばかすなどが増えてしまうのは紫外線を対策をしていなかったかたや、そばかすなどができやすい体質だという方。体質の方はとても対策が難しいのですが、紫外線の影響をカットすれば紫外線の影響で出来るシミやそばかすを防ぐことができますので、体質的にそばかすができやすいという方も紫外線対策は怠らない方がいいでしょう。

 

30代でもまだ遅くない

20代が10代の時紫外線対策を全くしていなくて30代で少し肌が揺らぎ始めた時に焦って対策を始めてももう遅いのではないかと諦め気分の方もいるかもしれません。

 

しかし諦めてはいけません。まだ30代であればこれから紫外線を浴びる期間は50年以上あります。

 

その間に諦めてしまうと50年分の紫外線のダメージが皮膚に蓄積します。30代でもちっとも遅くはありません。

 

今からでも日焼けをする時間を短くすることができれば、50代60代70代でどのくらい皮膚が変わってしまう化を防ぐことができます。

 

30代の男性と女性の日焼け防止方法

 

30代の3児のママです。今までお肌の対策はあまりしてこなくてすでに肌ボロボロの状態です。まず頬骨辺りのシミがたくさんできています。そして毛穴が開いて黒くなっています。シミ対策にはケシミンというクリームを使っていますが、日焼けは家の中でもすると聞いて家の中にいる時も日焼け止めを塗った方が良いのでしょうか。赤ちゃんの肌に日焼け止めがつかないように家の中では化粧しないで過ごしています。洗濯物を干す時もなるべく化粧などはせず帽子をかぶる程度の対策しかしていません。


 

 

30代後半の主婦です。長年の日焼けに悩んでいます。20代の時は保育士だったので日焼け対策をせずに子供と外で走り回っていました。それで30代になる頃に子供産んで育児が忙しくなってきて保育士を辞めました。ホルモンが変わったのか疲れが出たのかわかりませんが、シミが一気に出て顔から首にかけてはシミがたくさんできていて体もかなりtシャツの形に焼けていて泣けてきます。


 

 

30代女性で営業で外回りをしています。毎日自転車で外を駆け回って取引先への営業を行っています。自動車に塗っているときは運転席の右側から日差しが差し込んでいきますし、自転車に塗っている時は全身が日焼けをしてしまいます。どうやったら日焼け対策ができるでしょうか。というのは皮膚が弱くて日焼け止めがあまり使えずクレンジングをしないと落ちないものやSPFが高いものが使えません。日傘というのは自転車では危険なので使うことができません。だんだんとしみやそばかすホクロも出てきてきています。肌を少しでも守りたいです。


 

公式サイトはこちら

 

同じ30代女性といっても営業職の方から主婦の方、保育所をしていたかさや子育て真っ只中の方など様々な状況の方がいます。

 

その中でもやはり日焼けをしてシミができてしまうのを防ぎたい出来始めているからなんとか止めたいという方は多いです。

 

男性の30代での日焼け対策

運送業や外回りなどで日焼けをしてしまう方がどうしたらシニア肌の黒くなるのを止めることができるのかという点に悩んでいます。

 

日焼け止めを塗るのはもちろんですが、飲むタイプの日焼け止めも併用して完全な対策ができればと思います。

 

そしてやはり肌の質をコントロールするためには食べ物を改善するのが大切ですし、30代つなるとホルモンバランスの乱れなどもシミに影響してきますので、ホルモンバランスを乱さないということも必要だと思います。

 

女性の場合であればホルモンバランスの影響でできる趣味として肝斑というものがあります。

 

肝斑は左と右の頬の同じ部分にうっすらと思いあっと親しみができてきます。

 

その場合はホルモンバランスを治すことで治ることもありますので、美白化粧品を塗り続けるのではなく一度皮膚科を受診しても良いのではないでしょうか。

 

太陽に負けないサプリはこちら