飲む日焼け止め 効果

飲む日焼け止めの効果は?

糖尿病とは

 

飲む日焼け止めの効果は?おすすめの紫外線サプリも紹介!

 

糖尿病というのはインスリンがあんまりできなくなってしまうことでそれ以外にもインスリンが出ていてもホルモンが正常に聞かないということも糖尿病の原因となります。

 

日本ではインスリン非依存型糖尿病というものが多くてどちらにしても血中の血糖値が上がる症状が高血糖というのですが、それが起こります。

 

高血糖がなぜいけないかというと高血糖によって全身に色々な症状が出現するからです。

 

糖尿病自体は血糖が高いというだけで特に強いことではありません。

 

しかし血糖が高いということで全身に引き起こされる合併症が非常に強いのです。

 

糖尿病の合併症としては

  • 糖尿病性腎症もちろんの事
  • 糖尿病性網膜症と呼ばれている失明する可能性のある病気
  • 感染症や
  • コレステロールや中性脂肪が高くなる病気そして
  • 心筋梗塞のような心臓の病気さらには
  • 神経が侵される病気

末梢神経がピリピリとしてしまう消しするということもあります。

 

実に様々な症状があり神経症状では手足が麻痺してしまったり運動機能が阻害されたり胃腸の機能が駄目になってしまうので様々な症状が出てきます。

 

糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症というのは10年から20年の長い間をかけたんだんと進行していき最後には蛋白尿が出て銀二世になってしまうことです。

 

高齢者では糖尿病が原因で高血圧になったり腎臓病の発見が遅れてしまってよ子が悪くなってしまうこともあります。

 

糖尿病性腎症は予後があまり良くない場合が多いです。

 

特に発見するまでに時間がかかっていると症状が重くなっているので透析が必要なる方も多くなります。

 

病気が進行するとネフローゼ腎不全ツナって人工透析を週に3回行わないといけなくなってしまいます。

 

糖尿病性腎症の症状

  • まず糖尿が出てくるということ
  • さらに体重がどんどん減って、体がだるくなる
  • 喉が渇いて水を飲みたくなる
  • いつもお腹が空いてたくさん食べたくなる
  • 精力が減退する
  • おしっこが多くなる

血糖値が高くなるといった症状が現れます。

 

それに腎臓の症状が加わるとまず蛋白尿が出てきます。

 

そして蛋白尿が出ると尿が泡立って泡が消えにくくなります。

 

そして場合によっては血尿が出ることがあります。

 

タンタン病気が重くなってくると腹水が溜まったり体がむくんだりしてネフローゼ症候群がコードになってくると全身がうっ血してくることがあります。

 

そして血糖値以外にも血圧が高くなることがあります。

 

おしっこが減ってくると400ccが出なくなることもあります。

 

13ページまで

 

糖尿病になりやすい現代社会

飲む日焼け止めの効果は?おすすめの紫外線サプリも紹介!

 

戦後敗戦を迎えた後日本人は働きづくめで一心に働いてきたためだんだんと富が蓄積してきました。

 

そうすると生活が豊かになったのはとても良かったのですが、過剰なエネルギーが溜まるようになってきました。

 

エネルギーがたまるというのは物が溜まったということもありますが、お金が貯まったということもありそれ以外にも人間にもたまりました。

 

それが体内に溜まっている余分なエネルギーです。

 

日本人は肥満の人が比較的少ないですが、それでもやはり今になってる方は前よりは多いです。

 

摂取カロリーが増えて行くと魚が良くなってくる女の文化が出てきました。

 

そうすると人々はおいしいものを食べるようになりました。

 

さらに外食が発達して段々と沢山のエネルギーを取るようになってきました。

 

そうすると余ったエネルギーは排泄されずに体に泊まります。

 

戦後や貧しい時代は糖尿病というのほとんど出てこない病気です。
最近糖尿病が増えているというのは国が豊かになって食べるものがたくさんあるということが大きな原因です。

 

遺伝的要因もある

しかし食べ過ぎの人がすべて糖尿病になるかというとそうではありません。
いくら食べても全く糖尿病にならない人もいればほとんど標準対象上回っていないのに糖尿病になってしまう人もいます。

 

高脂血症になる人や痛風になる人も同じようにビールを飲んでいてもなる人とならない人がいます。

 

つまり食生活だけが原因ではないのです。
ある程度も糖尿病も遺伝要因が大きいといわれています。

 

特に糖尿病の3割から4割は遺伝していて起こるといわれています。

 

これまではそのようなことが分からず、食生活で全てが決まると思われていましたが、そうではありません。

 

最近では遺伝子の診断が活発になっていて、母親の家系に糖尿病の人が多いと糖尿病になる可能性が高いということがわかってきました。

 

場合によっては親族に誰も糖尿病がいないのに自分だけ糖尿病になることがあります。

 

その場合病院に行ってなぜ糖尿病になったのか聞いたりすることもあると思いますが、たまたま昔が貧しくで食べ物が少なくて糖尿病が発症しなかったということも考えられますし、劣性遺伝して祖父の代から伝わっているという場合もあります。

 

実際には遺伝の要因と食べ過ぎ
そして運動遅くの要因が重なって糖尿病が発症する場合が多いようです。

 

糖尿病の人が増えているもう一つの理由とは

飲む日焼け止めの効果は?おすすめの紫外線サプリも紹介!

 

糖尿病になる人が増えているにはもう一つ原因があります。

 

それは治療できるようになったということです。

 

昔は亡くなっていた糖尿病の方でも現代では生きながらえることができるようになっています。

 

つまり治療している糖尿病の患者さんが増えているのです。

 

インスリンの注射などの効果的な方法で糖尿病コントロールできるのは最近になってからです。

 

ですので、昔ではなくなってしまっていた形が助かるようになってそれで糖尿病の方が増えているという背景もあります。

 

さらに高齢化が進んでいて高齢の方には糖尿病の方が多いですので、それで必然的に糖尿病の方が増えているということもあります。

 

糖尿病と食事糖尿病とは

飲む日焼け止めの効果は?おすすめの紫外線サプリも紹介!

 

糖尿病の食事療法を見ていく前にまず糖尿病とは何なのかということについて知っておく必要があると思います。

 

まず糖尿病というのはエネルギー効率が悪くなっている状態といえます。

 

人の体というのは最低限のエネルギーで回るようになっているのですが、エネルギーが過剰に溜まってしまうとそれを持て余してしまうようになります。

 

そうするとそれに対応するために体が頑張るのですが、燃焼効率が悪くなってくると当然故障してしまうのです。

 

必要以上のカロリーが長い間体の中に入っているとエネルギーがどこに行けばいいのか分からなくなってしまいます。

 

そうすると血中に血糖値が高くなるという形で現れて様々な体の障害を起こして行きます。

 

さらに糖尿病は一生治らない病気です。

 

糖尿病になった時に考えられるのはエネルギー効率が悪くなっているのだからエネルギー効率を良くすれば糖尿病が治るという考え方ですが、実際にはこれは難しく退出になってしまった糖尿病の症状直すということは困難に近いです。

 

一時的に良くすることはできてもだんだんと食べ過ぎが続いていくとまた元に戻ってしまいます。

 

さらにこれを飲めば絶対治るという薬があるわけでもありません。

 

薬は対症療法的な方法ですので、一生治らないといっても過言ではありません。

 

正しい努力をすれば治った状態とほとんど変わらない状態で生活することもできるようになっています。

 

ですので、一生治らないと悲観してしまうことではなく限りなく治っている状態に近い状態を維持できると思えばいいと思います。

 

糖尿病の種類

糖尿病には2種類があるという事を皆さんご存知と思います。

 

糖尿病はインスリン依存型とインスリン非依存型というものです。

 

他にも肝臓の病気が原因で起こる糖尿病というのもありますが、これは二次的なものなのでここのページでは除外したいと思います。

 

しかしどんな糖尿病であっても血糖値が高くて体に悪影響を及ぼすということは同じですので、食事療法はとても必要です。

 

 

糖尿病の症状

 

飲む日焼け止めの効果は?おすすめの紫外線サプリも紹介!

 

糖尿病の症状というのは血糖値が高くて起こるものと、合併症が原因で起こるものがあります。

 

まず高血糖で起こる症状は

  • 喉が渇いてよく水を飲む量が多くなっている
  • だるさや脱力感がする

といった症状です。

 

合併症で起こる症状は

  • 体がしびれる
  • 立ちくらみがする
  • むくみが出てくる
  • 尿が出にくい

といった症状です。

 

 

糖尿病の診断

糖尿病の診断にはまず空腹時の血糖値がどれくらいあるかを見ます。

 

これはすぐ簡単に検査することができ朝食を抜いて病院に行けばすぐに検査してもらうことができます。

 

採血をして血糖値をどれぐらいかどうか調べてこれが140以上あれば高血糖といえます。

 

正常な値は80から105といわれています。

 

次にブドウ糖経口負荷試験というものを行います。

 

ブドウ糖経口負荷試験というのは、75gのブドウ糖を食べてその後どのように血糖値が変化するかを見ていくというものです。

 

ブドウ糖を食べても血糖値がすぐに上がらず、正常に水すれば糖尿病ではありませんが、血糖値が200を超えたり大きく上回った状態が続くと糖尿病だといえます。