パソコン画面を録画

パソコン画面を録画するのに簡単なソフトは?

 

それはffdshowなどが有名でこれを使うとメディアプレーヤーだけでもほとんどの動画を再生することができるようになります。

 

どうやって圧縮するのでしょうか。

 

動画を1時間録画すると60GBのサイズになります。

 

そうするとハードディスクの容量を食べてしまいました。

 

とディスクからブルーレイディスクに入れることもままならなくなります。

 

そこでmpeg2で5GBまで圧縮し1/12ノアskodaせします。

 

さらに1264と呼ばれる氷を使うと500mbとさらに1/10に圧縮することができます。

 

あまり品質が落ちないので人気です。

 

なぜmpegは圧縮できるのでしょうか。

 

それは動きの少ない部分のデータを減らして何度も使えます。

 

ことで見かけ上画像が粗くならないにしているからです。

 

動きの激しい部分だけを変換してファイル容量を節約しています。

 

この作業をフレーム単位で行うので一コマです。

 

かっとすることは難しくなります。

 

ですので、編集したい方は非可逆圧縮ではなく可逆圧縮のものを使う必要があります。

 

PCのデスクトップを動画にするには

 

再生したいメディアに合わせて変換します。

 

mp4じゃないと再生できないポータブルプレイヤーなどがあります。

 

そうするとエンコードといって変換作業をする必要があります。

 

変換だけでなくアスペクト比やフレームレートなども対応させる必要がありますが、とにかくエンコード作業が必要なります。

 

そして公式が2つありcbrとvbrの2つがありますが、cbrはビットレートをざっくりエンコードしますが、vbrは画質を落とさないのに複雑な仕組みでエンコードしていくので時間がかかりますが、画質が良くなります。

 

様々な映像用のコーデックコーデックは様々あります。

 

有名なのがh264h264mpeg2よりさらに効率的に圧縮することができて高画質のハイビジョン映像で使われます。

 

divxは昔からあってmp4のブル稲荷最新版ではやや使い道がなくなっているのが実情です。

 

mpeg2はDVDやデジタル放送で使われていて画質重視の動画を使うのにオススメです。

 

音声のコーデックは4種類程度あります。

 

aacはitunesapple系でよく使われていて最近ではデフォルトスタンダード的になっています。

 

へいしりさんはDVDなので昔から使われていてやや古くなっています。

 

wmaはwindows mediaplayerで使われているもので他のソフトウェアでは使われないことが多いようです。

 

cbrはあまり画質が良くないのですが、動画のサイズが予測できます。

 

一方vbrは動きが激しいところ高いビットレートであまり動きが少ない所を低ビットレートで変換するので画質が良いですが、容量はどれぐらいになるのか遅くすることができません。

 

パソコンで動画をエンコードする

時に必要なものはここまでで動画についてざっと紹介してきましたが、実際に動画をエンコード変換する場合にはどうしたらいいのでしょうか。

 

まず画像サイズが1280以上ある者はハイビジョン動画と考えていいでしょう。

 

アスペクト比は16.9が基本になっていますが、映画は24個まで1秒テレビは30秒で1コマ1秒数のコマ数のことをフレームレートといいますが、fpsと呼ばれていてゲームなどではこの値が高くなっています。

 

またディスプレイを描写する方式としてインターレースとプログレッシブ方式がありパソコンではプログレッシブ方式が一般的です。

 

アナログ放送は645で480で昔のテレビはこのサイズでした。

 

今に比べるとかなり画質が悪いということがわかります。

 

出典:パソコン画面を録画する