フリーズドライ味噌汁ランキング

 

ご飯を食べてなぜ低血糖になるのかご飯を食べると急激に血糖値が上がってまた下がりすぎて低血糖症になります。

 

反応性低血糖症と呼ばれていてアメリカではよく知られていますが、日本ではあまり知られていません。

 

初期の糖尿病の方埜境界型糖尿病のインスリンが過剰に出た後血糖値が下がって低下低血糖になりやすくなります。

 

そうすると3時間後ぐらいに低血糖で気分が悪くなるということが起こります。

 

そうすることで2時間半頃におやつを食べて血糖値を上げるということがあります。

 

反応性低血糖症は見逃されています。

 

血糖値が7時起きると不快な症状が出てきます。

 

自律神経失調症

診断されることが多く食後に動悸や不安感震えなどに襲われて心療内科に行くとパニック障害と診断された安定剤処方されましたが、一向に良くならず反応性低血糖症だということがわかりました。

 

そして20代の男性でちゃんと食事をしているのに食後数時間で猛烈な空腹感に見舞われて頭がクラクラになります。

 

これも反応性低血糖です。

 

糖尿病のお医者さんでも反応性低血糖の知識がない方もいてそのような場合にはブドウ負荷試験が必要なりますので、こういう症状がある場合は糖尿病の専門医に診てもらった方がいいでしょう。

 

体に優しい糖質制限とは糖尿病の合併症が薬に直せるようになっていました。

 

それでそれほど糖質制限が必要なくなってきました。

 

ですが、糖尿病にかかっていない人にとって糖質制限は必要なのでしょうか。まず太りすぎている人以外は必要がありません。

味噌汁ランキングサイト

太りすぎている人は生活習慣病になって心筋梗塞やアルツハイマー病になってしまう可能性があります。

 

ですので、糖質制限を行って適正体重まで体重を減らす必要があります。

 

適正体重になったら体重を維持するように血糖値が上がらないように糖質を食べていけばいいのです。

 

適正体重でもどうしても痩せたいという人は糖質制限を利用してダイエットをするのもいいですが、痩せすぎは良くないので適正体重内で行う必要があります。

 

では適正体重という名どのくらいなのかBMIを基準にしていきたいと思います。

 

メタボ診断するにはBMIを利用します。

 

BMIは22が1番いいといわれてきましたが、最近ではもうちょっと上がってもいいという風にわかってます。

 

BMI25から30日が一番長生きだということがわかってきました。

 

BMIが25というのはかなり太っているような印象で30の場合はかなりのおデブさんです。

 

小太りぐらいの方が長生きするという風に視聴している人はいて肥満センターの人は太めの人痩せている人に比べて免疫力が高くて感染症にかかりにくい傾向があって体脂肪が多くて心臓保護する力が増えて長生きをするということが分かっています。
出典サイト⇒味噌汁ランキング記事

 

アメリカ人は3人に1人がBMI30以上です。

 

そしてBMI25以上の人はなろく17%といって3人に2人がBMI25以上だということがわかります。

 

それは非常に肥満がひどいということです。