メディパラソル

メディパラソルの成分や効果

メディパラソルは商品の解説の前に紫外線についての基礎知識の紹介がありましたが、午後からは人気の美容ライターにも絶賛されているという点や雑誌などの紹介についても言及されています。

 

メディパラソルの詳細解説ページ

  • 四つの紫外線対策として飲むだけだから簡単内側からケアできる
  • 24時間身体をサポートしてくれるそして
  • 4つ目に日焼け止めクリームにはない特徴として
  • うっかり日焼けした後でもケアできるという点が挙げられています。

 

それでは飲む日焼け止めにデメリットはないのでしょうか。

 

植物の成分が100%使われているのでグレープフルーツとローズマリーとオリーブとブラッドオレンジにアレルギーがない方は問題なく飲むことができます。

 

そしてGMPという認定された工場で作られていて国内で生産されているので体に入れても安全です。

 

そしてモニター価格で利用者を募集していて990円で始めることができます。

 

これは毎月500名様が限定だということです。

 

その後に飲む日焼け止め紫外線対策というのはどんなものなのかということが愛されています。

 

まず紫外線の強さについて解説があります。

 

紫外線は表皮だけでなく真皮まで出してしまって皮膚の中の状態を悪くしてしまいます。

 

ただの日焼けと思って放置していると50代の時に急にシワやシミくすみなどが表面化してしまうでしょう。

 

肌の体質には肌質というものがあって日焼けしやすい方や日焼けしにくい方などの様々な種類があると思いますが、あまり色が変わりにくいという方でも日焼け止めクリームを塗っておかないと将来大変なことになってしまうかもしれません。

 

紫外線が日本より多く降り注いていてもっと肌の状態が悪くなってしまいそうだと思える場所があります。

 

例えば南欧はその例です。

 

紫外線が多い国スペイン

スペインやイタリアと言って南欧の国では日本より紫外線がたくさん降り注ぐのですが、女性達はそれほど肌が汚くなっておらずなぜそのように肌が汚くならないのかについて様々に議論されてきました。

 

それをだんだんと研究しているうちにわかってきたことは地中海の食事にヒントが隠されているということがわかりました。

 

地中海に食事というのは柑橘系か有名です。

 

オリーブオイルを使うスパゲッティなどが有名だと思います。
柑橘系をたくさん使っていてオリーブをたくさん食べているそれが何この人たちの食生活の中心になっています。

 

となるとこの成分に何かすごい成分が入ってるに違いありません。

 

そこで研究者が調べたところこのような南欧食品には紫外線に強力に効果のある成分が含まれていることがわかってきました。

 

ですので、このようなオリーブオレンジ、シトラスといったものを食べれば紫外線対策をすることができるということになります。

 

しかし考えてみてください。

 

日本でそのよう食生活ができるでしょうか。

 

だいいち肌に合わないものが多いですし、オリーブオイルを毎日食べていたら太ってしまうのではないでしょうか。

 

オレンジやシトラスというものはスーパーに行けば販売していますが、毎日食べることはできません。

 

それにその商品ばかり食べていると他の商品を食べることができなくなりカロリーや栄養のバランスも偏ってしまいます。

 

そこで解決策として表示されているのが成分を抽出しているサプリメントとして摂取するという方法です。

 

もともと食品由来の成分ですので、健康食品として扱われていますが、それらの成分にはニュートロックスサンとオリベックスとレッドオレンジコンプレックスという成分があります。

 

それぞれストスペインフランスイタリアで発明された成分で長い緊急の下で作られたものです。

 

このような成分を効率よくそして栄養バランスを語らせずに食べることができるのがサプリメントの特徴1つ1つの値段は高いですが、食品を買い揃えてバランスよく食べることを考えればそれほど高くはないで山ではないでしょうか。

 

いいとこどりしており日本人向けにブレンドされています。

 

それがメディパラソルという商品になります。

 

これからは成分の解説になります。

 

成分の解説をしていきたいと思います。